ACCOUNTING OFFICE会計税務

INTRODUCTION紹介

会計税務(ACCOUNTING)オフィスでは、職業専門家である税理士・公認会計士が帳簿及び決算書の作成・経理・財務指導をクライアント様の規模に合わせて会計コンサルティング業務を行っております。さらに税金対策から節税の相談、決算・確定申告まで幅広く税理士事務所としてのサービスを提供しております。事業をおこなっていく上で、お金の流れを完璧に把握し、自らの財務状況を理解することは必要不可欠です。財務体質を強化することによって事業が成功する基盤が整います。業界に長いプロフェッショナル集団と自負しておりますので、必ず満足して頂けるようサポートいたします。

SERVICEサービス

高度かつ幅広い専門的知識と
法律のプロフェッショナル集団

次世代のリアルタイム会計・財務・資金管理コンサルティング

会計・決算・財務管理まで、
クラウド会計で税理士・公認会計士が
サポートする体制

経営者には大きく分けて数字に強い経営者とそうでない方とで二通りに別れます。
当然、数字に強い若しくは興味のある経営者の方が会社は伸びる傾向にあります。理由の1つに、意思決定が正確で早く行えるからです。我々は、会計帳簿を作成することはもちろん、現代の最先端の会計はクラウドを使った会計を使用します。個人・小規模企業の場合でも、自社で会計を行うシステムをクラウドつくることが可能です。これを自計化と言います。クラウド会計のメリットは下記の通りです。

  • タイムリーな資金管理がコンサルタントにできる
  • タイムリーなシステムが故、経営者の意思決定と足並みが揃う
  • 経営者が会計・財務に詳しくなれるシステムが整備可能

是非、次世代の会計であるクラウド会計をお試し頂き、これまでの意思決定がどうしても遅れてしまう会計報告のシステムを刷新し、スピーディーな意思決定を共に寄与できればと思います。

国内税務・節税対策・税務調査の立会い

国内における、
個人・相続・法人の税理士事務所の
業務以上のサポート体制

個人事業主から中小企業、さらに上場企業まで幅広い経験値を持つ税理士が税務コンサルティングを行います。よくあるご相談内容を列挙いたします。

  • 個人・法人の決算、確定申告でもっと節税の方法を知りたい
  • 会計・税金のことが全くわからないのでとりあえず教えてほしい
  • 資金繰りのために決算書をよく見せる方法はないか
  • 相続税の対策をしていきたいが、何かいい方法はないか
  • 事業拡大をする時に、どの手順でまず何から始めるべきか
  • 上場に向けた会計や財務管理システムを整備していこうと思う
  • 業界に強く、経営・集客・資金調達に強い税理士と出会いたい

また、税理士を変更したいとお考えの方にはこんなお悩みをよく伺いします。

  • 顧問料が高いだけでレスポンスは遅いし、何の提案もないし、よくミスをする
  • 説明がわかりづらく、税金の額も決算後で対応できない後から告げられた
  • 融資の相談しても事業計画書もつくれないし、金融機関とのコネもない
  • 話が合わなくて、なぜそんな高圧的で、命令されるのかわからない
  • ITやAIに弱く、メールもまともに使えず、現代のIT事情を知らない

上記はあくまで一例で、全て対応可能でございます。むしろ最先端の会計システムと我々には様々な業種のクライアント様との繋がりがありますので、各業界の情報はいつも新しくアップデートされております。その他、非常に注意点が多い特殊な相続税なども、プロフェッショナルによる提案も同時に支援させて頂いており、最新の税法による節税対策や、グループ法人税制、連結納税なども考慮して支援致します。

国際税務サービス

国外との取引における
税務リスクを軽減するため
専門家チームが最大支援

国内企業が海外に進出する際、相手国の租税条約等によっては進出企業にリスクを及ぼす可能性が高く、課税関係もしっかり認識しておかなければなりません。国際税務とは、国境を越えて経済取引等を行った際に発生する課税関係のことを指します。特に、租税条約、外国税額控除、国際的な租税回避を規定する、タックスヘイブン税制、移転価格税制等は実務においても頻繁に登場するため検討を重ね、しっかり税務対策を行っていくことで、財務を有利に進められるケースも多々あります。企業にとって海外進出は税制面だけでなくリスクが高いものです。自社の財務体質を理解し、税務リスクを踏まえ、経営管理面でしっかりサポートさせて頂きます。

M&A税務と租税回避リスク

M&Aは組織再編税制の規定が
複雑に整備されているため、
税務リスクの検討が必要

M&Aに関連する法律は多岐に至り、様々な専門家が関わります。その中でも税法は非常に重要なポジションであり、最終的に達成させる結果は同じであったとしても、当初のM&Aスキームの組み方によって、課税関係は全く違ったものになってきます。要するに非常にリスクが高いことを意味しています。M&Aに適用される法律は主に組織再編税制の規定であり、非常に複雑で、かつ、判例もまだまだ少ないのが現状でございます。よって、煩雑な要素が多いM&Aはタックスプランニングが何通りも存在するため、クライアント様に合った最適なM&Aスキームと税務対策をプランニングし、過去の判例検証から、現在の法的リスクまで幅広くサポートさせて頂きます。

財務諸表分析とセカンドオピニオン

財務分析専門家による
調査報告と税務リスクを
最小限に抑える税務のダブルチェック

企業が成長していく過程で重要になってくるのが、マーケットに対する自らのポジションです。結果は全て数字で表されます。我々は業種ごとの市場の状況や財務情報を含めて、常に把握することに務めております。上場企業の決算書から読み取れるものは多く、それをクライアント様のベンチマークの参考に、これらのサービスをご提供させて頂いております。
また、税務対策は日々の積み重ねです。よって、1つの会計事務所のみで対策をしていくのはリスクが伴い、業務が慣習化してしまうと、普段気づかない箇所に落とし穴があることもしばし目にします。事務所をうつった後、新しい事務所が節税できていない気づくことが多々ございますので、税務リスクを極力軽減するために税務のセカンドオピニオンも提供しております。

CFO・会計参与を派遣します

財務戦略のプロが
近代的会計に対応するサービスで
企業の投資・財務体質を固める

CFOとは、「Chief Financial Officer」の頭文字をとったもので、訳は“最高財務責任者”という意味になります。あまり馴染みがない言葉にはなりますが、経理や財務管理の概念を覆すものとなっております。業務内容としては、財務・経理部長のように単にお金を管理することや、経理や税務のスペシャリストになれば良いというのではなく、経営戦略を考慮した財務戦略の立案・執行など、他部門、例えば営業や広報・総務や管理・システム・現場など、企業の全てを把握した上での意思決定に寄与できる人材。要するに資金の効率的な運用と投資のセンスが問われる業務範囲となっているのがCFOの存在であり役割です。
我々は、財務戦略の立案から執行まで、幅広く業務を行ってきた経験とベンチャー企業を育成してきた実績で、クライアント様にCFOの派遣サービスをご提供しております。
また、会計参与の制度の導入を検討している場合も同様に請負います。

Business Partner – Joint Web Site
税理士-Toru Nakamura
Higashigotanda(5-27-2),Shinagawa-ku,Tokyo-to 141-0022 Japan

CF.参照

COMING SOON

MATCHING対象となる方

タイムリー会計・資金管理体制の税理士・会計事務所に変更希望

節税スキームを依頼したい・相続税の相談にのってほしい

年末調整・決算・確定申告の作成依頼

融資を通せる決算書に対応したい

上場を視野にいれた会計・財務体質に変えていきたい

国際税務やM&Aなどの特殊な法律に強い税理士に変えたい

大手の財務諸表を分析して自社のベンチマークにしてみたい

税金のセカンドオピニオンを依頼したい

税務調査の準備・立会いをお願いしたい

会計参与又はCFOを企業経営に取り入れたい

FEE報酬形態

月額固定報酬(定型化業務)
アドバイザリー報酬(月額)
スポット報酬(プロジェクト業務)
業務委託報酬
役員報酬(会計参与)
その他(契約形態による)

ご相談・お問い合わせはこちらから